日語教室:櫻花與我

日本人喜歡櫻花,粉粉的櫻花在風中飄泊著,如同薄命的紅顏,風姿卓約卻命短而美。有時不得不佩服日本人把櫻花弄得那麼美,不論是和服上的花柄還是混和著櫻花香味的料理,都充滿著傳統的和風。有時覺得如果在花期住上京都的傳統旅館,吃著櫻抹茶味道的甜品穿上櫻花柄的振袖,看著外面落英繽紛大約會成為人生難忘的經歷吧?

日本人喜愛櫻花由來已久,筆者最早學會欣賞櫻花是十一二歲看源氏物語時。高貴華麗卻不育的紫之上雖貴為光源氏的最愛,卻在三十七歲之年早逝。讀著物語中的年年月月逝去。櫻花花開花落,年年歲歲花相似,歲歲年年人不同。她的代表就是櫻花,被尊稱春夫人,永遠的紫之上。物事人非事事休,欲語淚先流。

談日本人的生命觀,往往都由櫻花開始,以櫻花終結。筆者不是哲學家,也不喜歡那種老強調生命短暫在最美一刻香消玉殞、強調淒美死亡的價值觀,也就帶過不提了。

每年的櫻花盛開之時就是畢業之時,唱著哼起森山直太郎的歌曲我又自然地傷感起來。昭和年間日本流行曲好以櫻入詞,最愛乃山口百惠之秋櫻:用平白的語言寫下待嫁遠方的女兒在母親的整理行李過程中和心情,纏綿的母女親情盡在不言中。縱有千般不捨,更與何人說?

現代人喜歡櫻花,去賞櫻成為日本旅遊的主要節目。我看櫻花時卻總帶著種淡淡的悲哀,硬是快樂不起來。

.

作詞/森山直太朗・御徒町凧

作曲/森山直太朗

ピアノアレンジ/花ヶ崎有子



ぼくらはきっと待ってる

君とまた会える日々を

桜並木のみちの上で

手を振り叫ぶよ

どんなに苦しい時も

君は笑っているから

くじけそうになりかけても

頑張れる気がしたよ

かすみゆく景色の中に

あの日の歌が聞こえる

さくら さくら 今咲きほこる

刹那に散るゆくさだめと知って

さらば友よ 旅立ちのとき

変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか

偽りのない言葉

輝ける君の未来を

願うほんとの言葉

移りゆく街はまるで

僕らをせかすように

さくら さくら ただ舞い落ちる

いつか生まれ変わる時を信じ

泣くな友よ 惜別のとき

飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ

とわにさんざめく光を浴びて

さらば友よ またこの場所で会おう

さくら舞い散るみちの

さくら舞い散るみちの上で

作詞:さだまさし 作曲: さだまさし 歌: 山口百恵

*秋櫻其實不是四月那種櫻花呢…

中國網民讚曰:『山中一傳奇,囗唱天籟歌,百年頌留声,惠澤千萬心」



うす红の秋桜が秋の日の

何気ない阳溜りに揺れている

比顷涙もろくなった母が

庭先でひとつ咳をする

縁侧でアルバムを开いては

私の幼い日の思い出を

何度も同じ话くりかえす

ひとり言みたいに小さな声で

こんな小春日和の 穏やかな日は

あなたの优しさが しみてくる

明日嫁ぐ私に 苦労はしても

笑い话に时が変えるよ

心配いらないと笑った

あれこれと思い出をたどったら

いつの日もひとりではなかったと

今更ながらわがままな私に

唇かんでいます

明日への荷造りに手を借りて

しばらくは楽し気にいたけれど

突然涙こぼし元気でと

何度も何度もくりかえす母

ありがとうの言叶を かみしめながら

生きてみます 私なりに

こんな小春日和の 穏やかな日は

もうすこしあなたの子供で

いさせてください

更多日本傳統文化和中國文化比較文:

Kiri日語X文化教室: http://www.facebook.com/kiri.c.wong

申請日本Telecom Square的Wifi 可供多人同時使用!

Telecom Square是日本公司,使用Softbank或Docomo 4G網絡暢通無阻~

http://www.telecomsquare.hk/kirisan/

訂閱Blog主臉書: http://www.facebook.com/kiri.c.wong

關注Blog主微博:http://weibo.com/wongkiri

Related Posts

by
香港旅遊及生活部落客歷7年、曾多次受邀到日本及台灣採訪,​以日本深度遊、各種藝術文化交流、日本社會學等等個人分享及見解深受各個年齡層喜愛日本的人士歡迎。著有《Kiri的東瀛文化觀察手帳》。
Previous Post Next Post

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

0 shares